めったに味わう事ができない最高級の味をネット通販で手に入れる

総合リンク集4

遊具に隠される公園施設の危険性

街で見かけられる公園施設には、ブランコやシーソー、ジャングルジムなど多くの遊具が設置されています。しかし一方で、近年では遊具が設置されていない施設も多く存在しています。

製造者や施設管理者による徹底された安全性は、子ども達の安心できる遊び場の確保へと繋がります。思わぬ場所での転倒や、高さのある場所からの転落など、子どもにとっては予想もできないような事故は命や今後の人生に大きく関わりかねません。

国によって安全対策が定められている事情もあり、より細やかな対応が子ども達の安心な暮らしを確保するためにも重要となるでしょう。

安心安全な公園施設の遊具で遊ぶために抑えて起きたいポイント

小さなお子さんを外で遊ばせたいと思っていても危なくて躊躇してしまっている親御さんも多いのではないでしょうか。公園での事故のニュースなどを聞くと怖くなる時があります。ここでは安心できる公園施設の選び方を紹介したいと思います。

まず重要なポイントは、監視員が常駐しているのかどうかということです。最近の都市部の公園には監視員が常駐しているものが増えてきています。さらに、このような公園は子供にかなり気を使っている証拠でもあるので地面がラバーになっていたり、遊具に関しても突起などが少ない構造になっていたりしています。

ぜひ、ご自宅の周りでベストな公園施設がないか探しみてください。

子供からお年寄り向きに変わる公園施設の遊具

公園施設という言葉を聞くと、子供たちが遊ぶ、ブランコや滑り台などの遊具がある公園を思い浮かべる人が多いかもしれません。それとも池があったり噴水があったり木が生い茂っていて木陰のベンチで老人が犬の散歩の休憩をしていそうな広い公園を思い浮かべる人もいるかもしれません。

公園は人々が集う場所です。最近では子供向けの遊具は危険だからとなにかと撤去されがちのように感じます。回転するものは危ない、シーソーが危ない、という風に、ボール遊び禁止の公園なども出てきました。

その代わりに最近では一見何をするのかわからないような健康を目的とした運動するための遊具ができてきたりしています。子供からお年寄り向きになっています。

公園施設にある遊具は素材が新しくなった

安全性の観点から、そしてより耐久性を高めるために、多くの遊具は改善されています。金属製の部分を減らしつつ、プラスチックなどで破損しづらく、そして遊んでいても耐久性の高い素材で作られます。

公園施設は、外にあるため様々な影響を受けます。金属は腐食する問題を抱えているので、そのまま放置しているとどんどん駄目になります。少しでも耐久性を高めて、遊具の安全な状態を保ちたいなら、プラスチックなどの素材も使います。

素材によって耐久年数は変わりますが、色々な要素によって変化する部分を減らせば、決められている年数は使えます。

様々な種類が存在する公園施設の遊具

公園施設の遊具は、公園を訪れた人が安全で楽しく遊べるように設計されており、様々な種類が存在します。例えば、滑り台やブランコ、鉄棒、シーソーといった昔から親しまれている物だけでなく、滑り台やアスレチックなどを組み合わせた新しいタイプも子供から人気を集めています。また、ストレッチや腹筋などの運動ができるタイプも多く存在し、高齢者を中心に人気があります。

なお、公園施設の遊具は、屋外に設置されているため、経年劣化が進みやすいという特徴がありますが、定期的な点検やメンテナンスによって安全性を維持しており、安心して使用できます。

公園施設の遊具とSPやSPLと記載されたシール

近頃の公園施設の遊具にSPまたはSPLと記載されたシールが貼ってあるのはご存知でしょうか。これは、家電製品などにつけられるSGマークと同様に、安心・安全な公園施設かどうかがひと目で分かるようにしたものです。

さらに対象年齢の記載などもされており、事前に子どもの怪我・事故を防ぐ役割をしています。

なぜこのようなマークが生まれたかというと、以前は滑り台の高さや柵の設置などの安全性の規準は特に定められていませんでした。ですが、高所から落下する事故などを受け、遊具の安全に関する規準が見直されたことにより作られたのです。

その他の公園施設や遊具に関する記事